「戦国妖狐」千夜の正体・強さ・最後とは?月湖(つきこ)との恋の行方は?

「戦国妖狐」千夜(せんや)は第二部の主人公。

そんな千夜についてくわしく見ていきたいとおもいます。

よかったら最後までおつきあいくださいね。

「戦国妖狐」千夜の正体とは?

千夜の正体は『霊力改造人間』です。

そして、千の闇(かたわら)、霊的特異点の持ち主です。

父・神雲(雲蔵)、母・千代です。

銀髪の一族と呼ばれています。

第一部では神雲を師匠と呼び、感情を表に出さない無表情な子どもでしたが、第二部では記憶喪失になったことにより、少しずつ子どもらしい感情が出てきます。

7,8歳頃の子どもが自分は兵器戦いはしたくないと葛藤するところは、子を持つ親としてはなんとも複雑な気持ちになってしまいました。

足利義輝から兵器、バケモノではなく人だと言われ笑うことの大切さを学んで心の成長がみてとれる場面は、何とも心がほっこりとしてきます。

心があたたかい人たちのそばにいることで、人の心をとりもどしていくところは、我が子にも当てはめて考えると、子どもの成長にとって周りの環境って大事だな~ってつくづく感じてしまいます。

「戦国妖狐」千夜の強さとは?

千夜の強さは、神獣・千本妖狐(しんじゅう・せんぼんようこ)に匹敵する霊格の力をもっています。

さらに山の神が認め、いずれ龍よりも恐ろしい存在になる可能性があり、千魔混沌の魔人の器』といわれるほどの強さを潜在能力を秘めています。

「戦国妖狐」千夜の最後は?

千夜は若いままの姿で生きています。

月湖を看取ったあとまた旅にでる千夜です。寛政12年(1800)

歳は千夜いわく、この頃で200歳は越えていてあと800年は生きるというので、寿命が1000年以上ということになりますね。

ということは、千夜の寿命は2600年代ということ。さて、どんな時代になっているのでしょうね。

白神サマ?

千夜は白神サマとも世間では呼ばれています。

白神サマとは、妙な事件が続く村や町に現れふらっと去るなぞの妖怪。

白神サマが去った後はもう事件は起こらない。

腕が千本あるとか光線を出すとか人の夢の中に出入りできるとか。

その正体は千匹の妖怪を喰ったたたりで、人間に戻れなくなった昔の妖術師で、人だった頃の故郷がどこか思い出せなくてもう何百年も諸国をさまよっているんだと。

そんな噂もあながち間違っていないのかも?!と感じてしまいました。

たまと迅火が世直し姉弟なら千夜はゲゲゲの鬼太郎に近いかな~って個人的には感じています。

覚醒・第3の目開眼?

千夜のサードアイが開眼します。

山戸迅火・千本妖狐を救うため、千夜の背中から出てきた千本の手は、まるで千手観音のよう。

迅火との大霊力の撃ち合いに千夜のタガが外れ、さらに千本妖狐の人・闇外れな超霊力に共鳴し覚醒したのです。

迅火を救いたいという千夜の気持ちが勝ったのでしょうねぇ~。

 

さらに、千夜が真の趣味だといっている雪山登山は極限状態になること。

自分をとことん追い込み生死のはざまで動く魂の声を確認する。

己の精神を極限まで追い込んだ時、悟りの域に達するのでしょう。

そうすることにより千夜が大切な人や仲間からもらった生きる糧を思い出しているのでしょうね。

そして千夜を覚醒へと導いたのかもしれません。

「戦国妖狐」千夜と月湖の恋の行方とは?

千夜と月湖は結婚し、子や孫にも恵まれました。

月湖を看取るまで千夜はずっとそばにいました。

孫から『じいちゃん』と呼ばれる千夜ですが、見た目が若い頃のままなのでじいちゃんじゃなくて、お兄ちゃんでも違和感はないようにおもいますよ。

最期、月湖は「今まで引き止めてつらかったでしょう、ごめんね。」と謝りますが、2人で過ごした時間は何物にもかえがたい時間だったことでしょう。

そして、最期の「いっぱい幸せだった、ありがとう」に全ての気持ちがこめられ、千夜も幸せだった」と、月湖を抱きしめ千夜の腕の中で息を引きとりました。

2人の出会いとは?

月湖の村に落ちてきた千夜をみつけ助けたのが月湖でした。

 

その時、千夜は記憶喪失でしばらく月湖の村で真介と一緒に暮らします。

今まで友達となんて遊んだことがなかった千夜に真介は、友達出来るまで帰ってくるなと追い出されます。

そのおかげて、月湖や村の子どもたちと仲良くなります。

ある日闇盗賊団に襲われた時千夜が月湖を助けたのです。

結婚の約束?

月湖を助けたお礼にと月湖の父親が千夜にお礼と言って桶いっぱいの白米の握り飯を出してくれたのでした。

月湖を助けてくれた千夜が記憶喪失だということを聞くと、この村にずっと住み月湖を嫁にもらってくれと言ったのです。

そんなことを聞いたら千夜と月湖はお互いに意識してしまいますね。

 

まとめ

まとめ

●千夜の正体は『霊力改造人間』です。

●千夜の強さは、神獣・千本妖狐(しんじゅう・せんぼんようこ)に匹敵する霊格の力をもっています。

●千夜は若いままの姿で生きています。

●千夜と月湖は結婚し、子や孫にも恵まれました。

「戦国妖狐」登場人物・キャラ一覧!

「戦国妖狐」迅火(じんか)の年齢・正体は?目の色の秘密「妖精眼」とは??

「戦国妖狐」たまの年齢・正体は?迅火との出会い、義姉弟だが夫婦に!?

「戦国妖狐」兵頭真介は本名じゃない?千夜をかばった理由と最後はどうなる!

「戦国妖狐」灼岩(しゃくがん)は死亡した?最後はどうなる?!

「戦国妖狐」雷堂斬蔵(らいどうざんぞう)は何者?妹は氷岩(ひがん)なの⁈

「戦国妖狐」四獣将とは神雲(じんうん)・道錬(どうれん)・裂深(れっしん)・氷岩(ひがん)

「戦国妖狐」足利義輝の名言と友人・華寅とは?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました