「魔入りました!入間くん」魔王になるのは入間くん!という伏線を考察!

学園漫画アニメ

魔入りました!入間くん」魔王の生まれ変わり?次期魔王候補に近い?ともいわれている入間くん。

個人的には、魔王になるのは入間くん!!と、確信しています。

鈴木入間が魔王になる伏線について考察してみました。

 

魔界で暮らすことになった入間。

人間界でも波乱の連続な人生をおくってきた。

しかし、お人よしで優しさを忘れない入間。

 人たらしで、たくましい魔界での境遇。

そんな入間が魔王になるフラグとは?を解説していきます!!

良かったら、気楽にみていってくださいね。

「魔入りました!入間くん」魔王/ロイヤル・ワン(王の教室)解放!!

悪周期の入間が見事ロイヤル・ワンを獲得し魔王の椅子に座る瞬間、そこにいた誰もが身動きできませんでした。

そのシーンは、まさに魔王”そのものでした。

 

魔王の椅子に座った入間……。

そんな姿に涙を流しながらアズくん(アスモデウス・アリス)の『あれぞまさしく王の風格』には、個人的にもふか~くうなずいてしまいました。

そして、入間が魔王になる未来を見据えるアズくんに、とても共感!!

たとえそれが、入間を悪周期にしたアリさんの力だとしても、入間が王となる風格を持ち合わせているということは、確かだと感じます。

そして、アリさんと何らかの関係があることは確かでしょう。

 

※悪周期とは、悪魔の”悪さがしたい”気持ちが高まる周期のこと。

悪周期の入間は、堂々としていて物怖じしない。

「魔入りました!入間くん」魔王/魔獣の魔力をすべてをのみこむとは?

ウォルターパークでは、合体した魔獣が全ての魔力を放出した際、アリさんがすべて飲み込んでしまいます。

 

魔獣の前に飛び出したロノウェを、助けたい一心で入間は自ら前に出ていきました。

その入間の勇敢さに、わたしもビックリです!!

そしてアリさんに、イメージで魔獣の全魔力を飲み込むよと伝える入間に「俺ちん超キツイじゃん‼」と言いながらもすべて飲み込んでしまう姿に、わが家のヲタク娘といっしょに、息をとめてしまいました。

そこにいた誰もが驚いていたことから、それがいかにすごいことか伺えます。

そんなことができるアリさんって、やはりただものではないと感じています。

そしてアリさんと入間は一心同体”でもありますね。

ですから、アリさんのすごさもさることながら、こんなことができる入間の潜在能力の高さは計り知れないとおもいます。

このすごさも、魔王に関係がありそうだとおもってしまうところです。


「魔入りました!入間くん」魔王/魔王予言の書とは?

魔王予言の書について

予言の悪魔が、次の魔王について予言したもの。

それが魔王予言の書です

彼の者 あまねく種族を配下に収め

血の契約を結び

万物を癒したまう

彼は異郷より 舞い降りて

右手に黄金(ソロモン)の指輪を宿す

まず、あまねく 種族を配下に納め という点について、

個人的にも最初から入学早々アスモデウス・アリス に決闘を申し込まれ、見事勝利したことで配下1名確保はビックリしてしまいました。

そして記念すべき配下第1号のアスモデウス・アリスも、「早速 新入生全員を配下におさめましょう」っと、満面の笑みで言ってましたし。

ま~、配下とは少々言いすぎな部分もありますが、入間を慕い集まるのはアブノーマルクラスのお友達です。

そういう意味では、入間はみんなを配下?におさめていると言えるのではないでしょうか?

あなたは、どうおもいますか?

 

血の契約を結びとは……。

入間は、使い魔召喚でバビルス教師アブノーマルクラス担任のカルエゴ先生を、召喚しました。

無理に解除したら多分死ぬという召喚は、まさしく血の契約なのではないのでしょうか。

 

また、万物を癒したまうについて、人間である入間の血は、魔獣のケガを完治させてしまう力を持っています。

個人的にも感じることは、入間くんには癒される、万物すべてを癒す不思議な魅力がありますね。

そうそう「無害(むがい)~」って感じてしまいますよ。

さらには、気が立っていた金剪の長(カナキリのおさ)の心まで癒してしまいました。

きっと、わたしも入間くんのそばにいるだけで癒されてしまう自信があります(笑)

 

彼は異郷より 舞い降りては、入間は、魔界からしたらまさに異郷といえる人間界という場所からやってきました。

 

右手に黄金(ソロモン)の指輪を宿すは、飛行レースの行動を監視考察していた位階袋鳥(ランクふくろう)によって、右手に指輪を授けられています。

これは悪食の指輪(あくじきのゆびわ)」という持ち主の魔力をためておく魔具とされています。

そして、1回はめたら外せません。

サリバンの魔力をためることで、人間である入間も魔力を使えるようになりました。

ですが、悪食の指輪に自我があることをサリバンはもちろんオペラさんも信じてくれませんでした。

袋鳥は千年も生きていればレアなパターンもあります。

それが、入間にはめた悪食の指輪でした。

悪食の指輪の存在は、入間の次期魔王説において非常に重要であることを感じます。

「魔入りました!入間くん」魔王/アリさんの存在とは?

悪食の指輪の化身として登場したアリさんですが、今後の展開に多大な影響を与える人物であると言っても過言ではないでしょう。

 

入間のランクが上がったことで、自我が芽生え徐々に力を持つようになったアリさん。

ですが、初めて入間と会話した時には、自分のことをアリクレッド‥と少し考えながら、遠い目でそう呟いていたように感じました。

アリクレッドをローマ字表記して逆から読むとデルキラとなります。

アリクレッド=arikured

消失の魔王:デルキラ=derukira

このことから、アリさんには重要な秘密があると予想されます。

さらに、アニメではデルキラとアリさんの声優さんがいっしょです。

これも、なにか意味があるのではないかとおもいますよ。

 

またアリさんは、入間のランクが5(ヘー)になり、自身が巨大化した時、入間が4(ダレス)になって以来眠くて仕方なかったと言っています。

しかし、目覚めたら力がみなぎり、まるでサナギから蝶へ羽化したみたいだとも言っていましたね。

 

互いにいないと、この魔界で生きていけない”唯一無二の相棒と言っていることもそう考えるとわたしも妙に納得してしまいました。

 

アリさんは、悪食の指輪の化身いう自覚はあるものの、自我が芽生える以前の記憶はありません。

しかし、アリさんと入間は一心同体”でもあります。

性格改変や悪周期について考える入間のため、ひと肌ぬごうと入間を悪周期にして、デルキラのためだけに作られた教室ロイヤル・ワンを獲得しました。

アリさんの力で悪周期となりロイヤル・ワン獲得のため奮闘するあたり気づかないうちに入間に影響を与えていると考えられます。

入間が魔王になる時には、アリさんなしでは魔王にはなれない気がしています。

「魔入りました!入間くん」魔王/レジェンドリーフの開花の条件は?

条件、それは”最も悪魔らしくない悪魔に出会いたいです。

目先の利益にとらわれず、他者を思いやり、理不尽を楽しむ。

そして、自らの野心に従って何事もあきらめない。

 

確かに、悪魔には難しいかもしれないとおもいました。

だから、これはまんま入間くんだとわたしは感じましたよ。

入間は開花の条件にピッタリ合っているとおもいます。

新たな若王の誕生は、未来の魔王の予言なのかもしれません。

そう受けとりました。

「魔入りました!入間くん」魔王/レジェンドリーフとデルキラの幻想とは?

入間がレジェンドリーフを咲かせ、レジェンドリーフに込められたデルキラの幻想なのかデルキラが入間に『おまえか』かと黒煙の中で入間を包む描写がありました。

アリさんがデルキラかもしれないという可能性。

入間がデルキラの生まれ変わりである可能性。

そんな可能性がある中で、個人的には、どこをとってもそうかもしれないという可能性は無限大だとおもいます。

「まいりました入間くん」魔王/レジェンドリーフの花とは?

若王誕生のお祝いの花は、決して魔界ではみられない桜の花でした。

 

魔界には存在しない桜の花が咲きました。

以前にも、スージー先生の授業で入間が咲かせたのが桜の木でした。

人間界にしかない桜がレジェンドリーフとして、そしてなぜ魔界で咲いたのでしょうか?

サリバンの「収穫祭をつくった方はこの花をみんなに見せたかったのかも」と言っているように、

つくった方がデルキラならば、デルキラが人間界に行ったことがあるという憶測も納得してしまいます。

そして、もしかしたら入間との接点が人間界であったのかもしれないともおもいました。


「魔入りました!入間くん」魔王/入間が魔王になったらゾっとする?

13冠の集い(サーティーン・ディナー)”で、三傑の令孫としてアピール合戦をしていたレイヂとラズベリィに負けず、入間はしっかりアピールしてきました。

 

それが、食事です。

個人的には大好きな入間の食事シーンです、そういつもおいしそうに、幸せそうに食べるんですよね。

いつものようにおかわりを要求する入間ですが、

そもそもサーティーン・ディナーでおかわりを要求する客魔はいません。

そう、入間だけです。(わたしはこれぞ入間くんとおもいますけど)

それが、どういうことなのか??

入間の底なしの食欲を見たバールは「もしあれが魔王になっちまったらよ…ゾッとするぜというセリフ。

魔王にとってのがどういう意味なのか、わかっているからこそのセリフだったのかなと感じています。

次期魔王候補というライバルが登場したことで入間の魔王に対する関心は確実に高まってきているように感じました。

「魔入りました!入間くん」魔王/デルキラの魔力を有するとは?

デルキラ復活には入間が必要です。

 

バールはデルキラ復活をたくらみ、シーダとアトリに命令し、バビルスからデルキラの遺物と入間を持ちかえらせようとしました。

ですがシーダを残し、アトリは命カラガラ逃げかえってきてしまいます。

アトリが持ちかえった入間の能力調査表には、デルキラの紋章がありました。

そして、これをみたバールが「入間はデルキラの魔力を有している 復活には入間が必要」といっていたことから、ここでもデルキラと繋がる伏線がでてきました。

「魔入りました!入間くん」魔王/魔界の危機(カオス)をすくうとは?

バチコの新13冠の件についてガチギレしていたバルバトス家大頭領の怒りが、入間によってしずまりました。

 

あわや魔界全土を巻き込むカオスになっていたかもしれない危機を入間によっておさめられたのです。

そんな力が入間にはあるのです。

詳しい内容は、まとめから入れます。

「魔入りました!入間くん」魔王/デルキラと重なる入間①

消失の魔王デルキラと入間が重なる描写がいくつかあります。

サリバンは、デルキラの側近をしていた頃を思い出し、自身をさっちゃんと呼ぶデルキラと入間が呼びかける”おじいちゃん”を重ねます。

入間は一緒に買い物に出かけたサリバンに「魔王ってどうやったらなれるの?」

と、好奇心いっぱいのキラッキラな目で質問します。

そして遠い昔を思い出しながらサリバンは魔王は魔界そのもの』だということを説明します。

入間が魔王になったら全力で応援するというサリバンの言葉に、入間は自分が魔王になったら…。

と、想像します。

確かにそんな未来が近いうちにくるのではないか?という想像がふくらんでしまいました。

あなたも、想像しちゃいましたか?

入間くんが魔王になるという未来を。

「魔入りました!入間くん」魔王/デルキラと重なる入間②

消失の魔王デルキラと入間が重なる描写がいくつかあります。

デルキラ専属の音楽家であるアムドゥスキアス・ポロは、デルキラと入間の姿を重ね、涙していました。

音楽祭での入間を、デルキラ専属の音楽家であるアムドゥスキアス・ポロは「ヘタクソなくせに」とイラつきながらもなんで‥重ねさせるの」とデルキラと入間の姿を重ね合わせ涙していました。

デルキラに異常なほどの想い、そして愛をもっているポロちゃんが『心の音がそっくり』。

そう感じさせるあたり、見た目は違っていてもデルキラと入間の精神的なつながり、

そして内に秘めた何か通じる部分があるとわたしは感じてしまいました。

入間はデルキラの生まれ変わりでは?という意見もある中で個人的にも実に感慨深いシーンです。

「魔入りました!入間くん」魔王/デルキラと重なる入間③

消失の魔王デルキラと入間が重なる描写がいくつかあります。

➂他人のために動いて前に立つ、悪魔らしくない悪魔が入間です。

 

魔苦針ドームでのアクドルくろむのコンサートが開催されました。

くろむとおしゃべりができる券を当ててしまった入間は、アクドルくろむ=クロケル・ケロリであることを知ってしまいます。

その時くろむに対して入間は、決して口に出してはいけない言葉を。

「僕もあなたみたいに全く目立たない存在になりたいんです」と、、、

くろむは、努力して目立ってる私は・・・と。

そのことに動揺したくろむが倒れてしまい、ピンチヒッターで入間が女装し、アイドルとしてステージに立ちます。

結果的に、くろむがステージに戻りコンサートは大成功でした。

あんなに目立ちたくないと言っていた入間がくろむの為にステージに立った。

そう入間は、誰かのために』目立ってしまう子なんです。

誰かのために動いて前に立つ。そんな悪魔聞いたことがない。

 

そして、先述のとおり、レジェンドリーフの開花の条件は、”最も悪魔らしくない悪魔に出会いたいでした。

新たな若王の誕生は、未来の魔王の予言なのかもしれないとおもいます。

所々の描写が入間が次期魔王なのでは?と考えてしまうのはわたしだけでしょうか?

作者である西先生のヒントがちりばめられていると感じてしまいます。

「魔入りました!入間くん」魔王/デルキラと重なる入間④

消失の魔王デルキラと入間が重なる描写がいくつかあります。

④サリバンは背中に入間をおんぶし、今までの入間のことをデルキラと重ねてしまいます。

 

秘密の夜会『デビキュラム』後日「裏切りの13日」とよばれる事件となった日、シュラ姫を守ろうと勇敢に立ち向かった入間の姿。

そして、オペラの反対を押しきってまでも魔界を知ろうとデビキュラムに参加した入間の姿に、

やさしいおじいちゃんの顔のサリバンは「なんて誇らしい孫だろうそして「素晴らしい悪魔になった」と、感慨深げに夜空を見上げます。

さらに、サリバンは遠くに輝く月を見上げ、”姿カタチ・口調・好き嫌い・優しすぎる性格”なぜだろう・・・・全く違うのに。。。ふと入間のうしろにデルキラを重ねてしまいます。

サリバンはデルキラの元側近です。

そして入間を魔界につれてきた張本人だからこそ、いつも近くで入間をみてきてデルキラと重ねるのは、やはりわたしは入間と魔王を結び付けてしまいます。

まとめ

まとめ

悪周期の入間が見事ロイヤル・ワンを獲得し魔王の椅子に座る瞬間、そこにいた誰もが身動きできませんでした。そのシーンは、まさに魔王”そのものでした。

ウォルターパークでは、合体した魔獣が全ての魔力を放出した際、アリさんがすべて飲み込んでしまいます。

悪食の指輪の化身として登場したアリさんですが、今後の展開に多大な影響を与える人物であると言って過言ではないでしょうか。

条件、それは”最も悪魔らしくない悪魔に出会いたいです。

入間がレジェンドリーフを咲かせ、レジェンドリーフに込められたデルキラの幻想なのかデルキラが入間に『おまえか』かと黒煙の中で入間を包む描写がありました。

若王誕生のお祝いの花は、決して魔界ではみられない桜の花でした。

13冠の集い(サーティーン・ディナー)”で、三傑の令孫としてアピール合戦をしていたレイヂとラズベリィに負けず、入間はしっかりアピールしてきました。

デルキラ復活には入間が必要です。

バチコの新13冠の件についてガチギレしていたバルバトス家大頭領の怒りが、入間によってしずまりました。

サリバンは、デルキラの側近をしていた頃を思い出し、自身をさっちゃんと呼ぶデルキラと入間が呼びかける”おじいちゃん”を重ねます。

デルキラ専属の音楽家であるアムドゥスキアス・ポロは、デルキラと入間の姿を重ね、涙していました。

他人のために動いて前に立つ、悪魔らしくない悪魔が入間です。

サリバンは背中に入間をおんぶし、今までの入間のことをデルキラと重ねてしまいます。

 

↓この記事に関連する記事はこちらからどうぞ↓

「入間くん」バチコが新13冠に選ばれる?しかし大頭領ガチギレ?!入間も激怒するとは?!

「まいりました入間くん」ポロは伝説の音魔だった!デルキラに再び会う為なら敵になる?

「まいりました入間くん」サリバンは魔王になれない?呪われた男とは?過去や正体について!

「まいりました入間くん」オペラのランクは想像以上で、アブノーマルクラスをスパルタ指導?


コメント

タイトルとURLをコピーしました