「魔入りました!入間くん」アブノーマルクラスのルーキーVSクラーケン?!

学園漫画アニメ

「魔入りました!入間くん」322話!

前回321話では巨大なクラーケンにつかまってしまったリードとジャズですが、そのあとどうなったのでしょうか?

はたしてバビルスの教師3人、もしくはメフィストが助けに行くのでしょうか?

それでは、最後までおつきあいよろしくお願いします。

「魔入りました!入間くん」アブノーマルクラスVSクラーケン!?

さて、クラーケンにつかまってしまったリードとジャズは助けを呼んでいますよ。

なのに、猛ダッシュで浜に向かっていく2人の姿…。あれは、ソイとアロケルですねぇ~。

えっ、逃げるの?!いやいや、きっとオペラ先生を呼びにいってくれたのでしょうね。信じていますよ!!

あっ、ランク8(ケト)のカルエゴ先生もきっとキャベツを切ってるはずだから、そばにいるんじゃないでしょうかねぇ~。

2人で助けにきてくれるのでしょうか??

しかし、こんな騒ぎになってるのに2人は気がついていない様子ですよー。

めっちゃ、ヤキソバ作りに集中しているのか、気がつきませんね…。

他には・・・誰も・・・。うっ?ねえさんとケロリが楽しそうに笑っています。

あの笑顔を守るために、こんなピンチの状況の中リードとジャズは、浜にクラーケンを近づけないようにと考えます。

まず脱出を考えなくてはいけませんよね。

その時です。体が宙にうきます。

クラーケンの足を切り離して助けてくれたのはシーダ先生とガープです。

まず生徒の安全をと確認するシーダ先生の目に映った人物・・・それは。

すごいスピードで馬にのってうれしそうに向かってきたのは、サブノック・サブロです。

「昼めしにイカ焼き、ついか‼と、一撃します。

クラーケンって、確かにダイオウイカみたいですからイカ焼きが正解なの?

でも、足はイカというよりタコの吸盤みたい。だから食べたらどんな味になるのかな~??

個人的には、食べることが大好きなので、焼いたらどんな味になるんだろう‥やっぱりイカ?それともタコ?と想像するだけで楽しくなってきましたよー。

サブロが「焼きは任せるぞ」といった相手は、誰だとおもいますか?

そうです、家系能力ではないのに火炎系魔術を得意とするアスモデウスです。

言われたアズアズもまんざらでもなさそうで、手から炎を出しますよ。

えーーーっ、こんな海の中で丸焼きにするつもりなんですかね!?

ゲテモノなどイルマ様に献上できんわ!と放った炎は、お見事!!クラーケンに命中しましたよ。

このトラブルを楽しんでいるようにみえる2人をみて、ゴエモンはウォルターパークを思い出します。

確かに楽しでいるように見えますね。

すると、周囲のやじ馬からも歓声が上がります。

そう、ココはリゾート”セイレン島”でしたね。

心地よい気候を求めて集まるのは悪魔(人)たちだけではありません。

多くの海洋魔獣も集まり縄張り争いは日常茶飯事なんですね。

地元民はもう慣れっこなんです。

しかし、こんなに騒がしいのにオペラ先生は、よほどヤキソバ作りに集中していたのか、”なんでしょう?と、他人事ですよ。

一方、ソイとアロケルはのんきにヤキソバを食べていますね…。

あらら、やっぱり助けを求めて猛ダッシュしたのではなく、ただ逃げただけだったんですね…。あらら、、、ちょっと薄情ですね…。

その間に、クラーケンはまたまた大暴れです。

周囲のやじ馬たちは、ますます盛り上がって歓声をあげますよ。

クラーケンに攻撃するも額を守っています。と、いうことは・・・。

額が弱点なんですね。

隙間さえあれば狙える…、アズアズの視線の先には、そう入間くんです。

クララに羽を出してもらい、ここは弓使いの見せどころですね。

もちろん「バチッこん!!見事命中です!さすがですね。

周囲の観客は口をあけて驚いていますよー。

これには、バチコ師匠も喜んでくれるとおもいます!

 

あれー、そいうえばだれか忘れている人がいませんでしたっけ?

そうですよ。新13冠メフィストは何をしているのでしょう???

個人的には、真っ先に助けにきてくれると信じていたのにーっーぃ!!

あっ、いましたよー、高みの見物というやつですかねぇ~。

やるじゃないか、ルーキーたち!!」って、メフィストは何だかうれしそうです。

イベントがあるたびに、アブノーマルクラスは一致団結し、強くなっていて個人的にも今後の成長がとっても楽しみです。

続きはこちらからどうぞ

「魔入りました!入間くん」メフィストはカッコ良すぎ!底知れぬ実力とは?

まとめ

前回のお話はこちらからどうぞ。

「魔入りました!入間くん」ゼブブラ・ベルゼビュートが謎の美女の正体だった!


コメント

タイトルとURLをコピーしました