「入間くん」エリザベッタが音楽祭でラストチャンス!!魅惑の女リリスは成功するのか?

学園漫画アニメ

「まいりました入間くん」音楽祭は1年生最後の昇級試験で、エリザベッタは魅惑の女悪魔リリス”を演じます。

極上の美悪魔曲!!『リリス・カーペット

イクス・エリザベッタは、姐さん」女神」と呼ばれることが多いんですよね。

なぜかって?

すべてが”大人の女性”なんですよ!!

そんな、魅力的なエリザベッタを解説していきたいとおもいます。

アニメ第4期で放送されるであろう、音楽祭の内容を含みます。

興味がある方は、最後までおつきあいしてくれたらうれしいです。

「まいりました入間くん」エリザベッタのプロフィールは?

🔶なまえ:イクス・エリザベッタ

🔶誕生日:3月3日

🔶見た目ねんれい:17さい

🔶しんちょう:176センチ(ツノふくまず)

🔶たいじゅう:67キロ

🔶家系能力:好感度(フルラブゲージ)

🔶ランク:4(ダレス)

🔶所属バトラ:むしょぞく

「魔入りました!入間くん」エリザベッタの家系能力は?

イクス・エリザベッタの家系能力は、好感度(フルラブゲージ)です。

 

好感度(フルラブゲージ)とは、どんな人も彼女に好感をもち、彼女に有利にはたらきます。

だれもが彼女を愛してしまうんですね。

 

いました!いましたよー!

わたしの学生時代にもそんな女子いました。

その、彼女はとうぜん好感度(フルラブゲージ)なんて能力もってはいないですよ。

けど、男女関係なくモテててました。

わたしは彼女に、バレンタインチョコあげてませんけど、

男女かんけいなくチョコをもらってましたからね~。

きっと、彼女には内面からでる、人をひきつける魅力があったのでしょう。

やっぱり、内面が自然に出てくるんですねェ。

確かに、だれにでも気さくに話かけてくれるタイプでした。

そして、エリザベッタみたいにねえさん』的存在でしたよ~。

学生時代は、おとなしかったのでちょっと羨ましいくもありました。


「魔入りました!入間くん」エリザベッタは魔性の女?!

イクス・エリザベッタは、もっともピュアな『魔性の女なんですよ。

個人的には「ピュアで悪魔」であるなんて、なんかおもしろいです!!

イクス・エリザベッタは、男性を差別しません。

誰からも愛されるんですよ。

そのため、自由な恋こそ美しいとおもっているんですよね。

エリザベッタにとっては、

全ての男性が恋愛対象です。

そして、男性すべてがエリザベッタの王子になるわけなんです。

エリザベッタの野望は、

『素敵な旦那様と幸せに暮らすことなんですね。

野望が、お嫁さんって、、、

意外といいますか、悪魔のなのになんかかわいい天使にみえてきちゃいました。

自分が子どものころでも、将来お嫁さんになりたいなんて言う子いたかな・・・?

今の子(我が子)は、結婚なんてぜっーたい、しなーいー。

って、言ってますよ~(笑)

 

ライム先生がエリザベッタにおしえた特訓なんですが。。。

あらゆる誘惑を思うままに、かけひきしだますこと。

誘惑において、一番むずかしいことは。

『相手を好きになれるかどうか 

すべての男性に可能性をみるエリザベッタが、すべての技を手にすれば

最もピュアな魔性の女がここに誕生すると!

個人的には、ここは天使じゃなく小悪魔にみえますね(笑)

「魔入りました!入間くん」エリザベッタ/魅惑の女悪魔リリスたんじょう?!

エリザベッタが、魅惑の女悪魔リリスを演じきります。

 

みわくの女あくま、リリスとは・・・魔界にくんりんした、絶世美女。

リリス・カーペットとは・・・リリスの歩いた道には、リリスをとりあった男たちの骨でつくられたカーペット。

 

男たちに求められ、愛された 極上の美悪魔曲!!『リリス・カーペット

魅惑の女悪魔リリス=イクス・エリザベッタ


「魔入りました!入間くん」エリザベッタ/魅惑の女リリスは成功するのか?

エリザベッタの魅惑の女リリスは大成功しました。

 

アブノーマルクラスの男性軍が、1フレーズずつ、リリス(エリザベッタ)のカーペットになっていきます。

リード彼は純朴な花売りの少年

楽しくて、必死でまっすぐ。

可愛らしい愛

でも、みにくい心も愛には必要だわ

さようなら

純朴な花売りの少年(リード)は、リリス(エリザベッタ)にふられる。

花売りの少年といえば、個人的に『思い出のマーニー』を思いだしてしまいます。

アンナが、マーニーの屋敷で花売りの少年?』として、大人たちに花をくばってる場面がありましたねェ。

ジャズ黒ヘビの踊り子

黒ヘビは愛を知り、快楽を知る 悪い男

けど

まだ恋を知らないわ

経験不足ね

アスモデウス白ヘビの踊り子

白蛇は宝石のように美しい

彼以上の輝きは他にない

そう美しい

だから彼が

汚れるくらい

求める相手は

私じゃないということよ

黒ヘビの踊り子(ジャズ)、白ヘビの踊り子(アスモデウス)

リリス(エリザベッタ)にふられる。

踊り子といえば・・・。

だいたいの人が『伊豆の踊子』が、思い浮かびますか?

個人的には、「特急伊豆の踊り子」を思い出してしまうんですねー。

知ってますか?

特急伊豆の踊り子号もリニューアルし、リッチな旅ができそうです。

リッチな旅がしたいですねぇ~。

ガープ優しい武士

心で通じあえるわ

けど引きとめる強さがたりないわ

カムイ情熱の騎士

常に私をほめてくれるけど叱ってはくれないわ

アロケル賢き博士

いつも正解を教えてくれるだから冒険できないの

私はまもられるだけじゃ足りない

優しい武士(ガープ)

情熱の騎士(カムイ)

賢き博士(アロケル)

リリス(エリザベッタ)にふられる。

もちろん、個人的なヘンケンですが〇〇士とつくと…。

賢そうで、頑固そうで、ゆうずがきかなそうで‥。

勝手なイメージです。。。

アガレス:わがまま王子

 彼の愛

欲求をみたせるのは

私だけだわ 

そそぐ愛

彼の笑顔がみられるのなら

 本当に?満足なの?

一方通行じゃ味気ないわ 

迷うことこそ愛のスパイスなのに

わがまま王子(アガレス)は

リリス(エリザベッタ)にふられる。

だいたい『王子』って、聞くとわがままだとおもうのですが・・?

個人的、”偏見”でしょうか?

お姫さまが出てくる物語には王子さまが、絶対というほど登場しますよね?!

その、最後に姫とむすばれる王子ではなくて、姫との恋をジャマする王子って・・。

だいたいが、わがままだとおもうのは、やっぱりわたしだけでしょうか??

サブロ強欲な男

地位も名誉も

欲しいものは何でも

必ず手に入れる

大富豪

なんて強引で

男を感じる愛かしら

だからこそ私は手に入ってはだめなのよ

強欲すぎて手に入ったその時から

愛は薄れてしまうから

強欲な男(サブロ)は、

リリス(エリザベッタ)にふられる。

”強い男”っていうのも、物語にしやすいですよね~。

って思いますよー。

強い男でも、思いやりのカケラもない男は問題外ですよね~。

強引な男ほど相手のことはどうでもいいってことないですか?!

アニメでも、マンガでも『うんうん、こんな男、わたしはイヤだ』

と、ひとり言をブツブツいいながらわたしは、読んだりみたりしてますよー。(笑)

フラれるのは、リードだけでなく、

エリザベッタはやっぱりみんなの

姐さん、女神なので

誰にもなびかないですね。。。

 

『リリス・カーペット』って、、、

なんか『かぐや姫』みたいですよねェ~。

かぐや姫って、絶世の美女でしたよね~?!

そして、貴族の独身男子たちが、かぐや姫の望むモノを持ち帰り、わが妻になってほしいと懇願する。

似てますね~。

 

次から次へと、アブノーマルクラス男子のカーペットができたわけなんですよ。

今回、もう一人の主役、プルソン・ソイとクライマックスへ!!

『リリス・カーペットは、見事に大成功したんですよ。

 

個人的には、早く『リリス・カーペット』をみて聴いてみたい思いました!!

観たいし、聴きたいと、おもいませんか?

ダンスと音楽、そして劇!

まるで、宝塚みたいですね。

アニメで放送されたら、盛り上がるのではないかと考えています!

そして、今からワクワクです。

第4期アニメ化が決定すれば、音楽祭が放送されるとおもわれます。

これは、今から楽しみでしかたありません!!

まとめ

まとめ

●イクス・エリザベッタの家系能力は、好感度(フルラブゲージ)です。

●イクス・エリザベッタは、もっともピュアな『魔性の女なんですよ。

●エリザベッタが、魅惑の女悪魔リリスを演じきります。

●エリザベッタの魅惑の女リリスは大成功しました。

 

エリザベッタの師匠ライム先生の記事はこちらからどうぞ。

「まいりました入間くん」ライム先生が落とせなかった男を考察してみました!

音楽祭といえば、もう一人の主役がいますよ!

それは、プルソン・ソイ!!

「魔入りました!入間くん」プルソン・ソイ(ピクシー)音楽祭では主役?曲はリリス・カーペット


コメント

タイトルとURLをコピーしました